毎日の正しいスキンケアで適切なニキビケアを

スキンケアと聞いて多くの人が思い浮かべるのは「洗顔フォームでの洗顔」や「化粧水を使ったケア」ですが、実はこれだけでは足りません。

実はスキンケアは奥が深く、しっかりと行わなければ効果がありません。

そして、現代人のほとんどは「ただ肌を少し洗っただけ」のことをスキンケアと勘違いしており、根本的なケアを行っていないことがほとんどです。

正しいスキンケアとはニキビができてから行うものではありませんし、洗面所だけで行うものでもありません。

毎日の生活の中で肌をいたわり健康にすることこそスキンケアの本質なのです。

正しいスキンケアとは以下の4つのことをすべてしっかりと行ったうえでようやく実現することができるほどデリケートなものです。

自分のスキンケア方法を見直し、足りない部分があれば補うようにすることがニキビができない、できたとしてもすぐに消すことができるようなスキンケア方法です。

食生活の改善

ニキビやニキビ跡は肌の脂や汚れの付着度合でできやすさが変わってくるのですが、これらを左右する要素の一つに日々の食事があります。

ニキビやニキビ跡を治したいならまずは、規則正しい食べ物を食べることです。

ジャンクフードや揚げ物などは身体にもよくありませんし、もちろんニキビもできやすい体質になってしまいます。

正しい洗顔方法

毎日何気に行っている「朝の洗顔」や「夜の洗顔」ですが、しっかり洗顔しているからニキビや肌あれは大丈夫と思っていませんか?

実は正しい方法で洗顔を行っていなければニキビができる原因になったり、ニキビ跡が悪化する原因になってしまいます。

自分にあった洗顔の仕方を見つけることにより、ツヤやハリのあるお肌を手に入れることができます。

ピーリングを行う

いくら洗顔で顔を綺麗にしても昔の古い汚い角質が残っていては肌が荒れたり、ニキビの原因になってしまいます。

ピーリングを行い肌のターンオーバーを促進することがニキビやニキビ跡予防につながります。

おかしくなったターンオーバーを戻す最適の方法はピーリングをして肌の生まれ変わるサイクルを自分でコントロールすることです。

化粧水でスキンケアをする

食生活を改善し、正しい洗顔とピーリングを行うだけでは正しいスキンケアとはいえません。

ポーリング、洗顔後に化粧水と美容液による保湿を行わなければ、肌がかさかさに乾燥してしまいますし、肌荒れの原因になります。

また、ニキビやニキビ跡肌にぬる場合は、有効な成分が含まれていることが重要になってきます。