意外と多くの人が知らないニキビケア

顔についた汚れや皮脂を洗い上げることが美肌を保つ上での最低限の行動です。

世間一般では洗顔というと「手でゴシゴシと洗う」「多少、力を込めて汚れを取るように洗う」というイメージがつきまといがちです。

洗顔の仕方

しかし、このような洗顔方法は肌を傷つけたり、最悪、肌の抵抗力を弱めることに繋がってしまいます。

ニキビの予防は食事の改善や効率的なピーリングだけでなく、しっかりとした洗顔も必要になってきます。

また、万が一ニキビができてしまった場合には化粧水や美容液といったスキンケア用品でのケアが大事ですが、そのときにも洗顔する機会はでてきます。

つまり、洗顔はニキビの予防と治療のどちらにおいても重要なことであり、スキンケアの基礎とでもいうべき行為なのです。

しっかりと汚れを洗い落とすことが大事

洗顔の目的は酸化した皮脂を洗い落とすことですが、この時、多くの人が力んで肌の油をすべて無くすような洗い方をしたり洗顔フォームを使っていることがあります。

正しい洗顔の仕方

実はこの洗顔方法は間違っているのです。

酸化した皮脂は肌に刺激を与えるものであり、早急に取り除かないとニキビの元凶となってしまいますが、元々、皮脂自体は肌を細菌などの外敵から身を守るためのバリア的な役割を果たしています。

また、肌の表面には角質細胞間脂質というものがあるのですが、ここの保湿作用を高めることで肌本来のターンオーバーを保つことに繋がります。

逆に皮脂を摂り過ぎてしまったら肌を外敵から守れなくなってしまい、余計な肌トラブルを招きやすくなってしまいます。

皮脂を失うと回復までに時間がかかってしまい、その間にかぶれや痒み、大人ニキビを招いてしまう可能性があるので注意しましょう。

洗顔のチェックポイント

洗顔時には以下のようなことに気を付けて行うと効率的に行えます。

基本的に1日2回おこなう

ニキビを気にして1日に何度も洗顔をするのはNG

洗顔のし過ぎで皮脂をすべて洗い落としたり、乾燥肌になったり、脂性肌が進行することも珍しくありません。

洗顔は基本的に朝と晩の2回にとどめましょう。

ゴシゴシ洗いはNG

しっかりとした洗顔というのは「力を入れた洗顔」のことではありません。

指のお腹を使って円を描くようにマッサージ

泡立つタイプのものはしっかり泡立ててから肌につけ、クレイタイプのものは肌に馴染むように刷り込む(このとき、スクラブ入りのは肌を傷つける恐れがあるため使わないようにする)

洗い終わった後は洗顔料が毛穴に残らないよう丁寧に洗い落とす

以上のような洗い方を実践するよう心がけることが大事です。

肌質にあった洗顔フォームを使う

脱脂力の強い洗顔フォーム――具体的には界面活性剤入りの洗顔料を使うことはできるかぎり控えましょう。

これは余剰な皮脂だけでなく肌本来の防御機構まで壊す恐れがあるからです。

特に敏感肌の人は注意が必要です。

ほとんどのニキビ用の洗顔料には殺菌作用の強い成分が含まれているのですが、敏感肌だとこの成分のせいで逆に余計な肌トラブルを招く可能性があります。

肌質を選ばない洗顔フォーム「どろあわわ」がおすすめ

どろあわわ

どろあわわはクレイタイプの洗顔フォームで、今ネットや口コミを中心に話題騒然となっています。

きめ細かい泡が優しく肌に浸透し、ニキビ予防はもちろん、ニキビ治療やニキビ跡を消すことにも使える洗顔料です。

この記事を読んだ人におすすめ

食べ物からニキビを対策

食べ物からニキビを対策

ニキビ・ニキビ跡の対策や予防策は色々な種類がありますが、まずは普段の食事から見直すことをオススメします。偏食…

ニキビ跡に効果のある化粧水でスキンケア

ニキビ跡に効果のある化粧水でスキンケア

「食事」「洗顔」「ピーリング」の3つがスキンケアの基礎でありすべてですが、ホルモンバランスの乱れによってはこれだ…

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡はニキビ肌がダメージを受けることによってできてしまいます。 ニキビ跡は肌にとって有…

ニキビとピーリング

ニキビとピーリング

正しいスキンケアには「ピーリング」をして正常なターンオーバーを保ち続けることが重要です。肌は日々生まれ変わるも…