ニキビは段階別で症状が別れる

ニキビ跡で悩む女性

ニキビは毎日少しずつ悪化しているので早急な治療が必要です。

もし放置し続けていると、一生ものの傷になるようなニキビになることも珍しくありません。

思春期ニキビ、生理前ニキビ、大人ニキビと、ニキビはできる時期によって呼び方を変えますが、これらは原因が違うだけでその症状はほとんど変わりません。

しかし、共通して言えることがあり、それは治療を放置して自然治療に任せるのは良くないということです。

ニキビは初期段階だと目立ちづらいので「放っておけば勝手に治るでしょ」と対処されないことが多いのですが、出始めの対処が一番重要なのです。

逆に言えばしっかりと早期に対処すればニキビの症状が悪化することはありません。

もしニキビができたようなら早めにニキビケアすることが重要です。

また、ニキビが目立つようになってしまったのなら、その症状がどのようなものかを把握しニキビの段階をチェックする必要があります。

初期段階であるならばすぐに治すことが重要ですし、末期の症状が出ているようなら医者に相談する必要性も出てきます。

つまり、ニキビケアは自分のニキビのことを知ることから始まるのです。

ニキビの種類

白ニキビ

白ニキビ

白ニキビは最も初期段階のニキビで、まったく悪化していない状態のニキビです。

初期の軽い段階なので、しっかりした処置をすれば悪化せずにすぐに治すことができます。

逆にいってしまうと放置していたり、しっかりしたスキンケアをしなければ、さらに悪化してしまう状態です。

黒ニキビ

黒ニキビ

黒ニキビは初期段階のニキビで、白ニキビが少しだけ悪化した状態をさします。

黒ニキビは白ニキビと同じくまだ初期段階のニキビなので簡単に治すことができますが、ここから先の症状への進行が早いので放置すると治りにくくなってしまいます。

白ニキビより雑菌が入りやすく炎症しやすいので、しっかりしたスキンケアによる処置が必要です。

赤ニキビ

赤ニキビ

赤ニキビは症状がかなり進んだ段階をさし、肌がけがをしたかのように真っ赤になることが由来です。

ニキビ肌が炎症してしまうと患部とその周辺が赤く腫れあがってしまいます。

赤ニキビはニキビができている患部の皮脂にアクネ菌やその他の雑菌が繁殖してしまっている状態です。

黄ニキビ

黄ニキビ

黄ニキビはニキビの段階が重症化した状態のことをさし、これは黄色い膿が溜まっており、皮膚越しだと黄色っぽく透けて見えるのが由来です。

このことから医学的には膿疱と呼ばれています。

黄ニキビは刺激を与えてしまうと、さらに大きくなってしまい、修復に時間がかかり、ニキビ跡の原因にもなります。