生理とニキビは関係が深いもの

生理は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌によって起こる症状です。

生理前は黄体ホルモンの分泌量が増える時期で、この時期に女性は色々な体の不調を抱えやすいです。

身近な不調だとむくみや肌荒れ、頭痛、肩こり、ニキビなどが当てはまります。

黄体ホルモンは皮脂の分泌を促進させる作用があります。

生理前になるとニキビができる人が多いのは、黄体ホルモンによって一時的に多く分泌された皮脂が毛穴に詰まるからです。

生理時にニキビが出来やすい人は生理2週間前になったら脂分の多い食事を避けてビタミン類(特にビタミンC)を多く摂取できるような食事をとるようにしましょう。

また、生理時には睡眠を十分にとることも大事ですし、ぬるま湯で半身浴をした後しっかり洗顔し肌の保湿力を高めることも大事です。

生理前にできるニキビは往々にして生理期間が終わると治ってしまうものであるため、もし万が一長引くようなら医師に相談しましょう。

生理前ニキビの特徴

生理の2週間前ぐらいになると黄体ホルモンの影響で肌トラブルが多くなりがちです。

肌の保湿作用がなくなり、乾燥がすすむことがトラブルを招く最大の原因です。

乾燥した肌は角質が厚くなるので毛穴が詰まりやすくなるだけでなく、生理が始まると分泌される皮脂の量も増えてくるので誰でもニキビができるような肌環境になってしまいます。

生理が始まって数日で黄体ホルモンにかわって卵胞ホルモンの分泌量が増え始めます。

この卵胞ホルモンには肌の新陳代謝作用を高める効力があるので、生理が始まってから2週間は肌の調子が良くなり、ニキビ・ニキビ跡ができにくくなります。

つまり、生理前と生理後では肌の環境が180度変わってくるのです。

生理前ニキビに悩んでいるのであれば、生理周期に合わせて化粧品や生活スタイルを変化させることをオススメします。

特に生理前に皮脂の分泌を抑え、ピーリング作用の高いスキンケア用品を用いることで効果的なニキビ予防をすることができます。

  • 脂性肌の人ほど出来やすい
  • 春~夏にかけて出来やすい
  • スポーツをしている人ほど出来やすい
  • ファーストフードを食べる人ほど出来やすい

どれも中高生にとっては身近な要因ばかりなので、思春期ニキビが出来やすい人は自身のライフスタイルを見直す必要があります。

特に女性は中学生・高校生になって化粧をし始める傾向がありますが、成長期の過度な化粧は肌を弱くしてしまいます。

脂性の強い化粧品を使い、クレンジング等を怠ると簡単にニキビを作ってしまう恐れがあるので十分に注意しましょう。

この記事を読んだ人におすすめ

思春期ニキビの特徴と原因

思春期ニキビの特徴と原因

思春期ニキビは主におでこやこめかみ、生え際、鼻筋、鼻といったようなTゾーンにできやすいです。この場所は身体の中で…

大人ニキビの特徴と原因

大人ニキビの特徴と原因

ニキビにこのような特徴が出るようになったら、それは思春期ニキビとは違う予防・治療が必要になってきます。なぜなら…

食べ物からニキビを対策

食べ物からニキビを対策

ニキビ・ニキビ跡の対策や予防策は色々な種類がありますが、まずは普段の食事から見直すことをオススメします。偏食…

ニキビ跡に効果のある化粧水でスキンケア

ニキビ跡に効果のある化粧水でスキンケア

「食事」「洗顔」「ピーリング」の3つがスキンケアの基礎でありすべてですが、ホルモンバランスの乱れによってはこれだ…

正しい洗顔でニキビ予防

正しい洗顔でニキビ予防

顔についた汚れや皮脂を洗い上げることが美肌を保つ上での最低限の行動です。 世間一般では洗顔という…