ストレスの溜めすぎはニキビの元?

Q.ニキビができたりニキビ跡が悪化することとストレスに大きなかかわりがあるって聞きますが本当ですか?

ニキビとストレスの関係性を気にしている人は多いです。

実際に仕事が忙しい時期やPMSでイライラしているときほどニキビができやすいと感じたことはありませんか?

もしストレスがニキビ・ニキビ跡と関係しているのならば、逆にストレス対策をすることでニキビを治すことができるということでもあります。

そのため、ニキビとストレスの関係性は多くの人にとって重要なのです。

A.はい、ストレスとニキビ・ニキビ跡は大きく関係しています。

思春期にできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因ですが、大人ニキビができる理由は色々とあります。(参照大人ニキビについて)

しかし、その大人ニキビができる理由の中でももっとも影響力があるのはストレスの蓄積です。

季節の変わり目、脂っこいものを食べた、便秘、睡眠不足、不摂生な生活などが大人ニキビの原因として扱われることは多いですが、実はこれらのようなこと全てでストレスは溜まっているのです。

知らず知らずのうちに溜まったストレスは実感することはできないものの確実に肌トラブルを招いています。

ストレスの蓄積が招く肌の血管の縮小やターンオーバーの遅れは確実にニキビ・ニキビ跡の原因となります。

そして、ニキビができたという事実がまたストレスを蓄積させてしまいます。

「放っておくとニキビ跡ができてしまう」「目立ったりしないかな」「早く治さないと」こういったことを考えてしまいがちですが、すべて自分を追いつめてしまうことなのでできるだけ意識しないようにしましょう。

ニキビに関するストレスを無くす方法

  • 効果を実感できるニキビケアを行うこと
  • 専門医の話を聞く
  • 浸透力の高いニキビケア化粧水や美容液を使う
  • リラクゼーション効果のあるコスメを使う

といったようなことが必要です。

大事なのはニキビ・ニキビ跡ができてしまったのなら焦ったり落胆するのではなく、できるだけ早めの治療を心掛けることです。

当サイトではニキビ跡化粧水や美容液でのニキビケアを中心に色々なニキビの治療法を紹介しています。

是非自分のライフスタイルや症状、お財布事情を省みて自分にあった治療法でニキビ・ニキビ跡を消しましょう。

よくある質問集