ニキビとニキビ跡を隠すのにはコンシーラーがおすすめ?

Q.コンシーラーやBBクリームでニキビとニキビ跡は隠すことができますか?

コンシーラー(もしくはBBクリーム)を使えば顔のシミやくすみなど、肌のトラブルを違和感なく自然な仕上がりで隠すことができます。
この自然な肌の演出はファンデーションだけでは難しいので、今や美容を気にする女性の間ではコンシーラーは必須品と言っても過言ではありません。

実は、このコンシーラーを上手に使うことでニキビ肌を隠すことができたり、ニキビ跡が目立たない肌にすることができると言われています。

ベースメイクをしっかりしたりファンデーションを上手く使っても中々ニキビ・ニキビ跡を隠すのは難しかったのですが、コンシーラーを使うことで問題なくニキビを目立たなくすることができるということです。

この噂は本当なのでしょうか。

A.コンシーラーを上手く使うことでニキビとニキビ跡を隠すことは可能

コンシーラーを使うことで大人ニキビを目立たなくすることができますし、赤みのあるニキビ跡や色素が沈着しているニキビ跡を隠すことができます。

しかし、このコンシーラーを使ってニキビ・ニキビ跡を隠す方法は上手にコンシーラーを使った場合に限りますし、もっと言えばコンシーラー選びを間違えなかった場合の話に限るのです。
なぜなら専用の薬用じゃないコンシーラーを使ってしまうと炎症しているニキビやニキビ跡を悪化させる危険性があります。
また、間違った塗り方は、余計に目立たせてしまう可能性もあるからです。

コンシーラーを使っている女性

コンシーラーの正しい選び方

コンシーラーを使ってニキビ・ニキビ跡をキレイに消すときにまず必要になってくるのが目的に合ったコンシーラー選びです。

ニキビ・ニキビ跡を隠すことができるコンシーラーとは次のような条件を満たしたものです。

炎症していなニキビとニキビ跡の場合

炎症していない白ニキビ、黒ニキビ、色素沈着タイプ、凸凹クレーター状のニキビ跡の場合は、専用のコンシーラーを使う必要はありません。

スティックタイプのカバー力があるものを使う

人気の筆ペンタイプでニキビカバーを試みる女性もいますが、筆ペンタイプの柔らかい液状コンシーラーだとピンポイントでしっかりと隠したいときにはパワー不足になってしまうのです。

この筆ペンタイプはあくまで目元に使ったりハイライトとして魅せるときだけ使うようにしましょう。

カラーが暗めのものを使う

カラーが明るすぎるコンシーラーを使ってしまうとその部分が変に浮き立ってしまうのでかえってニキビ・ニキビ跡が目立ってしまう可能性があります。 そのため、ファンデーションやベースメイクよりも少し暗めの色のコンシーラーを使うことをオススメします。

炎症しているニキビとニキビ跡の場合は、専用の薬用コンシーラーを使う

ニキビが悪化する原因は、皮膚常在菌であるアクネ菌の繁殖が増えることにあります。

このアクネ菌が繁殖する理由は、過剰な皮脂分泌。
実は、アクネ菌は、皮脂である油が大好物なんです。

なので、油分を多く配合しているコンシーラーをニキビやニキビ跡を隠すために塗ってしまうと、ニキビやニキビ跡が悪化してまう危険性があるのです。

えっ!そしたらコンシーラーを使ってニキビやニキビ跡を隠すことはできないの?

大丈夫です!
ニキビやニキビ跡専用の薬用コンシーラーを使うことで、悪化を防止して、隠すことができます。

人気のニキビ・ニキビ跡専用の薬用コンシーラーランキング

リプロスキンコンシーラー

リプロスキンコンシーラー

ニキビ跡専用の化粧水リプロスキンで有名なピカイチさんの薬用コンシーラー。
ニキビやニキビ跡のアイテムで実績のあるメーカーが作るコンシーラーなので、安心感があります。

アクネ菌の繁殖を抑える働きのある成分「サリチル酸」が配合されているので、炎症が悪化するのを抑えることができます。
もちろん油分も使っていません。

価格(値段) 通常価格:7,700円
定期価格:5,500円
成分 サリチル酸、レモングラス、チョウジエキス、キハダ樹皮エキス
内容量 10g
ベージュ系のクリームタイプ(1色)
アクネスポッツコンシーラー(オルビス)

アクネスポッツコンシーラー(オルビス)

化粧品で人気のオルビスがだしているオイルカット薬用コンシーラー。
色は日本人の肌色に多く、ポイント使いしやすいベージュの1色。

特に、光を乱反射させるソフトフォーカス効果があるので、凸凹のクレーター状のニキビ跡を隠すのにおすすめ。

価格(値段) 通常価格:1,200円
成分 薬用成分・グリチルリチン酸ジカリウム、植物性保湿成分・桑白皮エキス
内容量 12g
ベージュ系のクリームタイプ(1色)
DHC薬用アクネケア コンシーラー

DHC薬用アクネケア コンシーラー

美容系アイテムで人気のDHCがだしている薬用コンシーラー。
アクネ菌を抑える成分だけじゃなく、肌トラブルの原因になる紫外線もカット。

特に、色が「やや明るい肌色」と「自然な明るさの肌色」と2つから選べるので、自分の肌色にあったコンシーラーを探しやすい!

価格(値段) 通常価格:1,429円
成分 イソプロピルメチルフェノール
内容量 12g
ナチュラルオークル01:やや明るい肌色(明るめの標準色)
ナチュラルオークル02:自然な明るさの肌色(標準色)
ラウディBB&CCクリーム

LAUDI BB&CCクリーム

コンシーラーに加え、日焼け止め、化粧下地、ファンデの役割も果たしてくれるBBクリーム。
ノンアルコール、無香料、パラベンフリーなため刺激も少なく、ニキビ肌やニキビ跡肌にも使えます。

カバー力も高く、色も2色から選べるので安心!

伸びが良いので少量で済むのも嬉しいところ。定期で購入するなら大抵の方は3ヶ月毎のお届けで充分。

価格(値段) 通常価格:2,800円
定期価格:2,240円(20%OFF、初回は半額の1,400円)
成分 ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミドNS、セラミドNP,セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、グルコシルセラミド、シラン根エキス、ダマスクバラ花水、ビルベリー葉エキス、サクラ葉エキス、プルーン分解物
内容量 25g(約2ヶ月分)
ナチュラルベージュ:黄みや赤みが気になる方向け、健康的で自然な肌へ(標準色)
クリアグレージュ:色白肌の方向け、クリアな透明感のある肌へ(美白)

コンシーラーの正しい使い方

ニキビ・ニキビ跡を消すためのコンシーラーを上手に使うテクニックはいくつかありますが、中でももっとも重要と思える4つのテクニックを紹介します。
消えない、隠れないといった悩みをお持ちの方、塗り方に問題があります。

使用する順番をしっかりと守る

メイクをするときコンシーラーをいつ使えば良いのかを知らない女性は多いです。

パウダータイプのファンデーションを使っているならそのファンデーションをつける前に、リキッドタイプのファンデーションを使っているならそのファンデーションをつけた後にコンシーラーを使うようにしましょう。

メンズは、ファンデーションは使わないと思うので、順番は気にしなくて大丈夫。

トントンと馴染ませない

メイクをするときに女性がやりがちなのがとんとんと肌の上から馴染ませようとすることです。

しかし、コンシーラーをつけた後にこれをしてしまうとせっかくつけたコンシーラーが剥がれ落ちてしまいます。

また、とんとんと叩いて伸ばし過ぎるとかえってニキビ・ニキビ跡が目立つようになるのでしない方が良いです。

めん棒を使う

トントンとせずにニキビ・ニキビ跡を重点的に隠す方法、それはめん棒を使ってコンシーラーを広げることです。

手やパフを使うと剥がれ落ちてしまいますが、めん棒だと優しくタッチできるのでコンシーラーを広げすぎたり剥がしてしまう心配はありません。

フェイスパウダーを使う

ニキビ・ニキビ跡を隠すときに使いたいスティックタイプのコンシーラーですが、このタイプのコンシーラーは粘着性があるため、ファンデーションを使おうとすると折角つけたコンシーラーがよれてしまいます。

この粘着している部分をサラサラにしてファンデーションの乗りを良くするためにはフェイスパウダーを使いましょう。

よくある質問集